幹事になったので二次会景品の準備をしました

二次会の景品の金額や内容を考え購入

ゲームはビンゴゲームとカラオケ大会だという内容に決まっていますが、カラオケは得点が高かった人上位5人に商品を渡します。
それらは商品券が良いという希望があったので、百貨店で購入をしましたが、ビンゴゲームは20ほど商品を用意することになりました。
1番にビンゴになった人は1万円ほどの商品で、つづくにつれてもらえる商品の価値が下がることになっています。
家電からおもちゃまでは、激安ディスカウントショップに行き幹事となった3人で購入をしました。
後残すところは、二次会に参加する人全員に渡すものですが、女性陣の参加が多いことからブランド品がいいのではないかということになりました。
これまでは焼き菓子セットが主流だったのですが、それに飽きたという声もあがっていたからです。

来週は会社の忘年会。


表参道の結婚式場を貸し切ったパーティー形式で費用は会社負担。


豪華な景品が出るゲームも行われ、強制参加ではないので出席者は8割くらい。
若手の出し物もなく二次会の強要もなし。
コース料理。


これなら自然と社員モチベーションも向上するよね。
こういうのでいいと思う。
pic.twitter.com/bzPLKZvDYD

— Minato(外資IT図鑑) (@Global_IT_media) December 12, 2019
また上司から幹事を頑張っているねと褒められて資金提供を受けることもできたので、二次会景品もランクアップすることができることがわかりました。
さりげなく同僚に何が欲しいかとリサーチをしたら、カタログギフトやビール券などがいいという夢のない意見が出されて困ってしまいました。
人によって希望するものが異なるので困っていたら、上司からすべての希望を聞くことはできないし、景品なんだからみんなそれほど期待してないので大丈夫と背中を押してもらうことができました。

会社の忘年会の幹事をすることに / 二次会の景品の金額や内容を考え購入 / 忘年会を開催して早く幹事の重圧から解放されたい